超レア! モバ画styleでしか手に入らない!!!有名アニメーター・漫画家陣を紹介

平松伸二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

平松 伸二(ひらまつ しんじ、1955年8月22日 - )は、漫画家。血液型O型。

岡山県高梁市出身。高校1年生の時に描いた『勝負』(「週刊少年ジャンプ」)でデビュー。
中島徳博のアシスタントを務める。代表作に『ドーベルマン刑事(デカ)』『ブラックエンジェルズ』『マーダーライセンス牙』など。

最新作は「週刊漫画ゴラク」で連載中の『外道坊&マーダーライセンス牙』(外道坊から改題)。

大塚康生

TV版『ルパン三世』(1作目)のキャラクターデザイン・作画監督、宮崎駿監督との黄金タッグで不朽の名作、劇場版『ルパン三世~カリオストロの城~』を世に贈り出す。

他にも『未来少年コナン』『太陽の王子ホルス』『侍ジャイアンツ』『パンダコパンダ』を手掛け、アニメ業界の至宝的存在に。

2008年の東京国際アニメフェアで、第4回功労賞表彰受賞。ホビージャパン刊『JEEP JEEP JEEP』や田宮模型刊『JEEP COMBAT CUSTOM』の連載、田宮模型のジープ系ラジコンカー『ワイルドウィルス』のデザインも手掛け、今でも多くの模型・ミリタリーファンに支持される。

【著書】
『作画汗まみれ』
『大塚康生のおもちゃ箱』

杉野昭夫&石田ひろし

杉野昭夫

故・手塚治虫氏が立ち上げた虫プロダクションを経て、数多くの手塚作品に関わる。 また、出崎統監督とのコンビで、『家なき子』『宝島』『エースをねらえ!』『あしたのジョー2』などのキャラクターデザイン・作画監督を務める。

金字塔とも言える劇画タッチの作画スタイルは、貸本漫画を彷彿させる。絵の中から哀愁が聴こえて来るように、吟遊詩人アニメーターの呼び声も高い。

歌舞伎的決めポーズの止め絵で、その作品のすべてが語れるほどの日本屈指のアニメーターである。 石田が劇場版『AIR』の助監督を務めていた時に、原画協力。TV版『ウエルベールの物語』で運命的な出会いを果たす。

【著書】
『杉野昭夫作品集』

石田ひろし

TV・劇場版『ドラえもん』、金曜ロードショーTVスペシャル『タッチ』の制作を経て、フリー演出へ。
『こちら葛飾区亀有公園前派出所』や『イニシャルD2ndstage』、『電脳冒険記ウエブダイバー』『True Love Story』『びんちょうタン』『シムーン』『爆丸』などギャグから美少年、美少女、萌えキャラまで多くのTVアニメに参加。

ゲームでは、Play Station版『KAIKANフレーズ』EDを手掛ける。
公共事業アニメ『ホヤホヤ鳴鹿大堰』では、監督として参加。
ダムの仕組みを絵本的アニメ手法で解説すると言う新しい試みに挑戦し、今までの作品と同じく、奇抜なアイデアが評価される。

本コンテンツの作家プロデューサーでもある。

【著書】
『街角少年詩集』(文芸社刊)

横山まさみち

貸本漫画の巨匠。青春ものからハードボイルドまで幅広く、その名をとどろかせる。成年向け漫画『やる気まんまん』の艶姿女性やオットセイキャラクターで一躍注目を浴びる。

『真田幸村』や『竜馬』などの歴史ものについても独自の観点で風情のある生活芝居と人物像を築きあげる。亡き今も親書版漫画として復刊され、人気は衰えることを知らないまま、若年世代にも受け入れられている。

【著書】
『独眼探偵』
『あぁ青春』
『風林火山』
『やる気まんまん』など

木村圭市郎

TV・劇場版『サイボーグ009』や『レインボー戦隊ロビン』、『タイガーマスク』(1作目)のキャラクターデザイン・作画監督で知られるアニメーター。

オーバーアクション作画の先駆者であり、キャラクターとカメラを縦横無尽に操る。抽象的なエフェクト作画の枠を超え、キャラクターの動きへ連動させた第一人者でもある。

アニメから漫画人気へ火をつけた影の立役者。

平山智

TV版『キャッツ・アイ』や『ガラスの仮面』、金曜ロードショーTVスペシャル『ルパン三世』(新)シリーズのキャラクターデザイン・作画監督を務める。

繊細な線の質感が女性キャラクターに反映され、しなやかで優美な魅力を感じさせる

窪秀巳

TV『勝負師伝説哲也』の作画監督やTV・劇場版『金田一少年の事件簿』の作画監督など東映作品を中心に活動しているアニメーター。

竹田欣弘

アニメ業界のみならず、同人作家としても活動の場を広げるアニメーター。

美少女系萌えアニメでは、コスチュームの立体的なしわや女キャラ特有の丸みを肌の柔らかな線と骨格の節々に使われる硬い線で凹凸の質感を描く。

TV『イリヤの空、UFOの夏』『SHUFFLE!』『カードキャプターさくら』などアキバファンも唸る作画監督を務める。
TV『シムーン』のOPやTV『ふたりはプリキュア Splash Star』のOP/ED原画にも参加している。

服部森樹朗

水木プロで週刊少年マガジン『ゲゲゲの鬼太郎』のアシスタントを務め、つげ義春氏と机を並べ、点描画を目の当たりにする日々を送る。

その後、デザイン会社で広告ロゴデザインの設計に参加。異色なキャリアを重ね、アニメーターへ転向。
不思議な縁で、TV『幽遊白書』のタイトルロゴデザインやTV『墓場鬼太郎』の原画を担当することとなる。

懐かしいアシスタント時代の息吹を感じながら、再び漫画を描くことに燃えている。

中沢健

普段着に自作のキャラクターイラストやポエムなどを貼り付け、自らを雑誌媒体と化した歩く雑誌『月刊・中沢健』で各 メディアに作家芸人として活躍中。

『フィギュア王』に怪獣コラムを連載している。自作の中沢怪獣は、クレーンゲームの景品用にぬいぐるみ化され、全国に展開される。

【著書】
『恋愛小説を書く男』(講談社流水大賞/あしたの賞を受賞)

なりたまお

上野東京都美術館で開催された『第31回現代童画展』で入選を果たし、現代童画会会友となる。
その後も毎年作品を出展し、子供を絵本の世界へ誘うべくデフォルメ動物キャラクターたちとのイメージイラストに高い評価を得る。

Galllery Kirariで、竹倉優氏やYajima Sakiko氏などの新鋭イラストレーターたちと共に『一通の手紙展』を開催。
TV番組『おしゃれイズム』のスタジオアートに務め、『甘くておいしいお星さま』が使用される。2009年度市販用年賀はがきのイラストも手掛ける。

猫が大好きで、猫中心の生活を送る。イラストのモチーフにも猫キャラが多い。
フリーのイラストレーターで、絵本作家に憧れる夢見る乙女である(笑)

柳原満月

自作『それいけ!タオルさん』で、第7回にいがたマンガ大賞コママンガの部最優秀賞を受賞。
ケータイ★まんが王国『Sword&Sorcerer』や教材漫画を手掛ける。

純粋無垢な線と今風のキャラクターをマッチさせ、耽美な世界観を構築するのが特徴的である。

東美帆

化粧品で話題の『美肌一族』のTVアニメキャラクターデザイン・作画監督で、女性アニメーターならではの美的センスを生かし、スタイリッシュかつ可愛い系のキャラクターには生き生きとした明るさが宿る。

TV版『ふたりはプリキュア』シリーズの作画監督も務めている。

竹倉優

上野東京都美術館で開催された『第31回現代童画展』で入選を果たし、現代童画会会友となる。
下北沢の画廊などでオリジナルポストカードシリーズを展開。会期中すべて売り尽くすほどの盛況ぶりである。

夢は本の装画を手掛けること。水彩では、浸透する空気のようなイラストを描き、ペンでは、肖像の印象を率直に描く。明暗対称的な画力を持ち合わせた新スタイルの女性イラストレーターである。

何かの縁か、石田が『コミティア』で新人作家を探してたら、目に飛び込んで来たのが『青い鳥』と『和』だった。出会いだった。

旭美和子

ディズニーの版権イラストやサンリオ映画『シリウスの伝説』『妖精フローレンス』のアニメーション原画に携わる。
TVアニメーションでは、『ちびまる子ちゃん』の原画で参加している。

子供から大人までもれなく楽しめるアニメ画業に取り組み、小金井市会報『かたらい』の表紙デザイン画でアットホームな町並みやコンサートの広告デザインなども好評を得る。

Yajima Sakiko

上野東京都美術館で開催された『第31回現代童画展』で入選を果たし、現代童画会会友となる。

竹倉優氏となりたまお氏と共に自作をアートイベントへ出展することが多く、シュールなモード系ファッションやメルヘンチックなイラストに定評がある。

作品をたくさんの人に見て頂くことが目標。